節約好き主婦の日記

気になるあんな事やこんな事

ゆうパック値上げへ いつから?いくら?日本郵便が抱える問題とは

calendar

reload

ゆうパック値上げへ いつから?いくら?日本郵便が抱える問題とは

スポンサードリンク

 

日本郵便がゆうパックの値上げを発表しました。

いつから?いくら値上げになるの?


スポンサードリンク

 

ゆうパックの値上げは2018年3月、つまり、来年の3月から値上げになります。

値段は荷物1つ当たり、100円~250円だそうです。結構大きい値上げですね。

 

佐川急便、ヤマト運輸も値上げする?

佐川急便は今年の11月から、荷物1つ当たり60~230円の値上げ。

ヤマト運輸も今年の10月から、140~180円の値上げになります。

 

メルカリの「らくらくメルカリ便」はいまのところ値上げの対象にはなっていません。

でも、こちらもいずれ値上げになるのでしょうか?

 

日本郵便が抱える問題とは?

インターネット通販の利用者が急激に増加した亊。(昨年度のゆうパックの取り扱い個数は約6億個だそうです。)

それに対し、配達員の人手不足が深刻化。外部の業者を頼んで配達してもらうなどの対応をしており、さらに深刻化は深まっています。

 


スポンサードリンク

便利すぎる世の中が、様々な弊害をもたらしている気がしてなりません。

 

「今日注文すれば明日届く」というサービスが当たり前になっていますよね。「時間帯指定配達」も本当に助かります。それはとても便利なことですが、本当に必要なのでしょうか。

宅配便だけでなく、24時間オープンしているのが当たり前のコンビニやドラッグストアについても、本当に必要なの?と疑問に思うことがあります。もちろん、夜働いていらっしゃる方や、夜中に急に具合が悪くなり、薬が必要になった時、24時間営業しているお店があることによって助かる人たちはたくさんいます。

わたしが子供の頃は、セブンイレブンは朝7時から夜11時までの営業でした。だから名前がセブンイレブンなんだよ、と高校生の息子に話したら、「ありえない」と驚いていました。

話はそれてしまいましたが、もう少し、不便な世の中に戻すことで配達員さんの負担が減り、宅配料が値下げになったり、コンビニも、都心など近くに何軒か密集して営業している場合は、夜間は交代して営業することによって、無駄な電気代や人件費削減にもつながると思うのですが…。

なかなか難しいでしょうね。

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。


スポンサードリンク

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す