節約好き主婦の日記

気になるあんな事やこんな事

食中毒対策に!まな板を菌に汚染させない、簡単でズボラな方法とは?

calendar

reload

食中毒対策に!まな板を菌に汚染させない、簡単でズボラな方法とは?

 

まな板を清潔に保つことが食中毒対策の第一歩。でも、洗い物や面倒な漂白は回数を減らしたい・・・。そこで思いついた、まな板を汚さないズボラな方法を紹介したいと思います。

まな板に「切り開いた牛乳パック」を敷いて、その上で生肉や生魚を切る方法は聞いたことがあると思いますが、牛乳パックを使うよりも楽チンな方法を紹介したいと思います。

生肉や生魚をまな板で切る時、いつも捨てちゃう「アレ」を使ったお手軽な方法とは?


スポンサードリンク

いつも捨てちゃう「アレ」とは?

 

これです。これはお菓子の外袋を切り開いたものです。

 

今回はこのお菓子の袋を切り開いて使います。ギンビスのたべっ子どうぶつ6袋入りです。

 

外袋を切り開いて、内側を表にしてまな板に敷きます。その上で鶏肉を切れば・・・。

 

この通り。まな板は汚れていません。

 

牛乳パックじゃなくて、なぜお菓子の袋を使うの?

お菓子の袋はどうせ捨ててしまうし、お手軽だからです。もちろん牛乳パックでもいいと思うのですが、牛乳パックはリサイクルできますよね?まな板に敷いて汚れた牛乳パックを、捨ててしまうのはもったいないと思ったのです。


スポンサードリンク

お菓子の袋を使う時の注意点

  • 袋によっては、品質を保持する為に外袋に小さな穴が開けてある場合があります。そのような袋は使わないでくださいね。
  • 袋の上で肉や魚を切る時に力を入れ過ぎると、袋が破ける場合があります。適度な厚みのある袋を使ってください。ギンビスさんの小分けパックの外袋はおすすめです。他に、栗山米菓さんのおせんべい「星たべよ」、不二家さんの「カントリーマアム」、亀田製菓さんの「柿の種」の外袋など、大きさ的にもおすすめです。
  • ポテトチップの袋など、直接お菓子が触れている袋は、肉や魚に味がついてしまいますので、避けてください。
  • 袋を切り開くときは、ゆっくりていねいに切り開いてください。ビリッと破いてしまった状態で使うとまな板が汚れてしまいます。

 

 

いかがでしたでしょうか。わたしはまな板に直接生肉や生魚を置いて切ることにとても抵抗があり、何かいい方法はないかと色々考えていて、偶然この方法を思いつきました。

初めはラップや薄いビニール袋を切り開いたもので試してみたのですが、破けてしまい、ダメでした。

まな板を裏と表で使い分けたり、100円均一などで売っている、まな板に置いて使う薄いシート状のものを置いて切ってもいいのですが、どちらもやはり生肉や生魚が触れた所はていねいに注意して洗わなくてはいけないですよね。それは他の食品が菌に汚染されてしまう、二次汚染が怖いからです。

でもこの方法なら、まな板をそこまで神経質に洗う手間も、頻繁に漂白する手間も少なくできて、家事が楽になります。

ちなみに生ものを切った包丁は、刃の部分をティッシュでよく拭き取った後、刃の部分に直接洗剤をつけて、軽く塗らしたティッシュを使って洗い、よくすすいだ後にさらに洗剤をつけたスポンジで洗います。

参考になれば嬉しいです。ぜひ試してみてください。


スポンサードリンク

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す