節約好き主婦の日記

気になるあんな事やこんな事

O157とは?埼玉県熊谷市のスーパーで1人重体、2人重症

calendar

reload

O157とは?埼玉県熊谷市のスーパーで1人重体、2人重症

 

埼玉県熊谷市のスーパー、「食彩館マルシェ籠原店」の中にある惣菜店、「でりしゃす籠原店」で購入したポテトサラダを食べた6人がO157に感染、うち5歳の女児が意識不明の重体、4歳の男児と60歳の女性が重症と発表されました。

O157とは?


スポンサードリンク

 

O157は、「病原性大腸菌」と呼ばれています。「病原性大腸菌」には4種類あり、うち「腸管出血性大腸菌」は、「溶血性尿毒症症候群」や「脳症」を起こします。

O157の感染力はとても強く、ほんの少量のO157が体内に入っただけで病気を起こします。

抵抗力の弱い乳幼児や高齢者は特に重症化しやすいと言われています。

今回重体の女児は、「溶血性尿毒症症候群」により、意識不明の重体になってしまっています。

 

O157の感染経路は?

O157は、牛、羊、豚などのふん便から水や食物を介して感染したり、感染した人から人へ感染します。

生肉や加熱が不十分な肉、野菜など、様々な食品で感染例があります。

 


スポンサードリンク

ポテトサラダは以外にも食中毒になりやすい?

わたしは夫と息子のお弁当によくポテトサラダを入れていたのですが、ポテトサラダはなるべくお弁当には入れないほうが良いそうです。

理由は、じゃがいもこそ加熱しますが、具材に生のキュウリ、ハムなどを入れるため。そして、以外にも水分量が多く、お弁当には向いてないそうです。

マヨネーズが入っているので、マヨネーズに含まれる酢によって雑菌の繁殖を抑えられると勝手に思っていました。

 

スーパーで購入したお惣菜によってO157に感染してしまうなんて、とてもやりきれない、ショックな出来事ですね。しかも重体、重症になってしまっているのが小さいお子さんだという亊。

消費者は、買い物をする際、これは細菌に感染しているかどうかなんて当たり前ですがわかりません。

プロとして食品を扱うからには、2度とこのような痛ましい出来事が起こらないように衛生管理を徹底して欲しいです。

今回重体、重症に陥ってしまっている方々の1日も早い回復を、心から願っています。

(追記:意識不明の重体だった女児が意識を取り戻し、回復に向かっているそうです。安心しました。)


スポンサードリンク

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す