節約好き主婦の日記

気になるあんな事やこんな事

内職よりパートのほうがいい?今のわたしにできる仕事ってなんだろう。

calendar


スポンサードリンク

こんにちは^^ゆみぺそです。今回は、内職について。

内職を始めるべきか、それともパートを探すべきか。

 

内職の説明を聞きに行ってきました。

やはり、かなり緊張しました。

ほんの10分ほどざっくりとした説明を聞いたのですが、その場で悩んでしまいました。

詳しくは言えませんが、かなり細かい部品を扱う作業。

悩んでいるわたしに、説明してくださった女性は「正直あまり稼げませんよ~。あなたまだ若いんだから、パートで働きに出たほうが良いかもしれないですよ?」

と言われてしまいました^^;

結局、後日会社から電話がくるそうなので、その時に『やるかやらないか』を伝えて欲しいと言われ、帰りました。

『内職は稼げない』のはわかっていたけれど…。

今までも内職をやった経験はあるので、内職のメリット、デメリットはわかっています。

メリットは

  • 在宅で作業ができる
  • 人間関係に悩むことがない
  • 隙間時間を見つけて自分のペースで作業ができる
  • 出社するのは納品の週1回だけ

デメリットは

  • 黙々と単調な作業を繰り返さなければならない
  • 引きこもりに拍車がかける
  • 運動不足に拍車がかかる
  • 賃金が安い

今回見せてもらった内職は、細かい部品を扱うため、納品する際の大変さはありません。また、厳しいノルマもないそうで。

以前やったことのある『箱折り』の内職は、ダンボール4~5箱を車に積まなくてはならなくて、そのダンボールが狭いアパートのリビングを占領してしまい、息子くんに不評でした。

作業も場所をとってしまうし、足の踏み場もない状態。

簡単でしたが、朝から晩まで作業して、1ヶ月の賃金は1万5,000円ほど。

正直割に合わない…。と思い、辞めました。

今回見せていただいた内職は、場所をとりません。

どれ位稼げるかお聞きしたところ…。

お子さんが幼稚園に通っている時間に作業している方が、1ヶ月3万円ほど稼いでいるそうです。

3万円いただけたらすごいです。ましてやわたしには小さい子どもがいないので、もっと時間をかけられます。

でも正直、パートで働くことへの憧れが捨てきれないんです。

内職も、もし始めたとして、続けることができるのかどうか…。

中途半端な気持ちでお仕事を引き受けたら迷惑をかけてしまいますもんね。


スポンサードリンク

人生は選択の連続

人間、生きていると選択をせまられる場面がたくさんありますよね。

こういう時、1ヶ月後の自分に話を聞けたらいいのに、なんて思ってしまいます。

無理ですけど^^;

若い頃はどんどん挑戦して、失敗して、そこから学んでいけばいいと思うんですが、この歳になるとそうも言ってられません。

ましてやわたしのように「あれは無理、これもできない。」と、病気を理由に可能性を逃している人間は。

内職もパートも派遣も、失敗が怖いんです。

『ああ、なんでこれを選んでしまったんだろう?やっぱりうまくいかなかったじゃないか…。』ってなるのが。

今のわたしが生き生きと働くことができるのであれば、働き方は内職でも、パートでも、派遣でも、アルバイトでも、なんでもいいんです。

今の自分にできることはなんだろう。

内職を始めるべきか。

それとも怖いけど、勇気を出してパートで働くか。

精神障害者福祉手帳がやっと交付されました。

約4ヶ月かかりました^^;

市役所に取りに行かなければならず、まだ手帳は手にしていません。

せっかく1万円かけて手にいれた手帳。

障害者枠での仕事探しもできます。

でも、前向きになれないわたし。

とにかく『外で働くことへの不安と恐怖』がすごいんです。

 

結局わたしには何ができるんだろう。

わたしにできる仕事ってなんだろう。

電話がかかってくる前に決心しなければ。

では、最後までご覧いただき、ありがとうございました。

次に記事を書く時に報告します。


スポンサードリンク