節約好き主婦の日記

気になるあんな事やこんな事

歯が痛い!と歯医者に行ったら虫歯じゃなかった!原因、対策とは?

calendar

reload

歯が痛い!と歯医者に行ったら虫歯じゃなかった!原因、対策とは?

わたしの友人が奥歯が痛いと歯医者に行ったところ、虫歯が原因ではなかったそうです。話を聞いて、とても興味深かったので調べてみました。

歯が痛む原因は虫歯だけじゃない!原因と対策とは?


スポンサードリンク

痛みの原因は?

友人の奥歯の痛みの原因は、食いしばりによるものだったそうです。食いしばりとはその名の通り、歯を食いしばってしまう事。クレンチング症候群とも言います。

食いしばりの原因とは?

友人は歯科医に、ストレスは溜まっていないか、最近ストレスがかかるようなことは無かったか、聞かれたそうです。食いしばりの原因は、ストレスによるものが多いとか。

人はストレスや緊張にさらされると、無意識に歯を食いしばります。その食いしばりが多いと、歯におのずと負担がかかります。また、ストレス以外にも、元々歯並びや噛み合わせが悪かったり、姿勢が悪い亊や、猫背、頬づえをつく癖なども食いしばりの原因になります。

食いしばりが続くとどうなる?

歯や顎に痛みを感じるだけでなく、頭痛、肩こりの原因にもなります。また、歯に負担がかかり、歯の詰め物や被せ物が割れてしまったり、欠けてしまい、それが原因で虫歯になりやすくなることもあるそうです。


スポンサードリンク

食いしばりを治すための対策は?

なるべくストレスを溜めないようにするのが1番ですが、そういわれてもなかなか難しいのが現実です。イライラしている時はもちろん、普段何もしていない時も、歯を食いしばっていないか意識すること。もし食いしばっている亊に気づいたら、肩の力を抜き、奥歯に隙間ができている状態を意識するといいそうです。

また、歯医者でマウスピースを作ってもらい、夜寝ている時にマウスピースをはめて寝るのも効果的です。保険が適用されるため、5千円ほどで自分にピッタリしたものを作ってもらえます。

しかし、マウスピースはわたしも過去に作ってもらったことがあるのですが、マウスピースをはめて寝る亊自体がストレスになってしまい、続けられませんでした。人によって、合う、合わないもあるので、歯科医とよく相談することをおすすめします。

これがマウスピースです。食いしばり以外にも、歯ぎしり予防にも効果的です。

 

有名女性お笑い芸人も食いしばりに悩んでいた?

昨年テレビの番組内で、オアシズの光浦靖子さんが、長年悩んでいた顔のエラ張りの原因が実は食いしばりによるものだったと公表しました。

光浦さんの担当医によると、これはエラではなく、食いしばりによる筋肉のかたまりだと言うこと。そして食いしばりが原因で、歯を自らボロボロにしてしまっていると言われ、マウスピースによる治療を半年ほど続けたところ、見違えるように顔が小さくなったそうです。

かなり顔周りがシュッとされているのがわかりますね。

 

わたしも歯の痛みが続き、歯医者に行ったら知覚過敏だったことがありました。歯が痛い=虫歯とは必ずしも限らないのですね。

ストレスは、私たちの身体に様々な影響を与えるということがわかりました。大きな病気を引き起こす前に、身体がサインを出しているのかもしれませんね。なかなか難しいですが、自分に合ったストレス発散方法を見つけて、上手にストレスを発散していきたいですね。

また、歯医者には最低でも年に1度は検診に行く亊をオススメします。気づかないうちに虫歯が大きくなっていて、痛くなってから治療すると時間もお金もかかってしまいますからね。


スポンサードリンク

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す