節約好き主婦の日記

気になるあんな事やこんな事

片付けが苦手な人必読!元汚部屋出身、池田暁子さんの片付け本とは

calendar

reload

片付けが苦手な人必読!元汚部屋出身、池田暁子さんの片付け本とは

 

わたしは子どもの頃から片づけが大の苦手です。汚部屋とまではいかないまでも、我が家はかなり散らかってしまっています。そんなわたしが古本屋で偶然見つけた片付けの本を紹介したいと思います。

元汚部屋の住人、池田暁子さん著「片付けられない女のためのこんどこそ!片付ける技術」と 「必要なものがスグに!とり出せる整理術!」とは?


スポンサードリンク

 

どうしてこの2冊がおすすめなのか?

池田暁子さんは、イラストレーター。独身時代に住んでいたアパートはいわゆる「汚部屋」。足の踏み場も無いほど物が散乱してしまっている状態でした。わたしよりもかなり重症の、「片付けられない女」だったのです。

池田さんは、うまくいきかけていた男性に部屋を見られてしまい、失恋してしまいます。それをきっかけに片付けを決意。本当に片付けられない人が書いた本だからこそ、共感できるし、内容がわかりやすいんです。

しかも、ほとんど漫画で描かれています。わたしは今まで何冊か片付けのコツなどの本を買って実践しようとしましたが、わかりづらく、挫折してしまいました。

本当に片付けられない人に、池田さんが書いた2冊の本をおすすめします。

まず1冊目は、『片付けられない女のためのこんどこそ!片付ける技術』

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

片づけられない女のためのこんどこそ!片づける技術 [ 池田暁子 ]
価格:1080円(税込、送料無料) (2017/9/2時点)

 

まずこの本で、最悪な「汚部屋」から「お部屋」へと変貌します。まず部屋にきれいな机とイスを用意して、いわゆる「基地」をつくります。基地を作ったところでテンションがあがった池田さんは、ゴミをどんどん捨てていきます。途中、今まで見つからなかった銀行印、電話の子機など見つけて、基地へ置いていきます。

基地を作り、台所を中心に物を捨てまくり、ようやく普通のお部屋へと変わっていく様子は、とてもわかりやすく、今すぐにできることばかりです。決して堅苦しい片付け本ではありません。


スポンサードリンク

次に2冊目、必要なものがスグに!とり出せる整理術!

 

これは片付いたはずの部屋の、物の整理術が描かれている本です。同じ種類の物は1ヶ所にまとめる。よく使うものほど出しやすいところに置く。1年かけてさらに住みやすい部屋へと変わっていく様子が、これまたわかりやすく描かれています。

わたしもそうなのですが、片付けられない人に多いのは、物をどこにしまったかわからず、探すのに無駄な時間を使ってしまうこと。片付いていれば、どこになにがあるのか、すぐにわかるのです。当たり前の事なのですが、使ったものをすぐに定位置に片付けないからどこにいったかわからない。そして必要な時にすぐに見つからず、大騒ぎ、の繰り返し。

 

大げさかもしれませんが、わたしは人生の3分の1は何か探してるよね?と夫によく言われています。それくらい、片付いていない部屋は時間の無駄、そしてお金の無駄でもあるのです。片付けられない方に、ぜひ気軽に読んでもらいたい本です。


スポンサードリンク

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す