節約好き主婦の日記

気になるあんな事やこんな事

胃カメラ検査の流れ、注意点、医療費などをまとめてみました。

calendar

reload

胃カメラ検査の流れ、注意点、医療費などをまとめてみました。

 

わたしはつい先日、胃カメラ検査を受けました。今まで胃カメラ検査は10回以上受けています。そんなわたしが胃カメラ検査について色々とまとめてみました。

胃カメラ検査を安心して受けるために。検査の流れ、注意点、医療費、検査を受けるコツとは?


スポンサードリンク

まずは、検査をどこの病院で受けるか。

かかりつけの病院がある人はいいのですが、特にかかりつけ医がない。どこで検査を受けたらいいかわからない人は、知り合いなどからの口コミや、ネットでの評判などを見て、評判のいい医者を探す亊が大事です。

胃カメラ検査は医者によって技術の差があります。また、鼻からの胃カメラを望む場合や、麻酔を強めにかけて欲しい場合など、対応してくれる病院であるかどうかも事前にしっかりと調べておきましょう。

わたしの場合、古河市にある、岡田クリニックがかかりつけ医で、何度か胃カメラ検査を受けたこともあるので、まずは診察を受けました。

 

病院が決まったら、診察を受ける。

胃カメラ検査は、病院に行ってすぐに受けられるわけではありません。必ず診察を受けることが必要です。そして検査の予約をします。

特に胃に不調を感じないけど胃カメラ検査を受けたい、という場合、保険適応外になります。わたしの場合、3週間も胃の不調が続いていました。その為、検査には保険が適応されます。

 

検査を受けることが決まったら、血液検査。

病院によって異なると思いますが、岡田クリニックではまず血液検査を受けます。感染症がないか調べるためだそうです。初診料と血液検査で、診察料は3,140円でした。

検査は翌日の10時50分からに決まり、簡単な注意点を説明されました。

  • 検査前日の夕飯は、消化の良いものを午後9時までに済ませる。
  • 夜9時以降、水やお茶を飲むのは構わないが、固形物、乳製品はNG。
  • 検査の朝は絶食、禁煙。水200mlほどなら飲んでも良い。

胃に食べ物が残っていると、検査をしても食べ物が邪魔をしてよく見えないこともあるので、絶食はキツイかもしれませんが我慢しましょう。


スポンサードリンク


検査当日の流れについて。

まず血圧測定。それから喉に麻酔をします。岡田クリニックの場合、喉からの検査なのですが、わたしは信頼できる病院がここだけなので、我慢して喉から飲みました。

まずは消泡剤を飲みます。ほんの少量ですが、マズイです。その後、小さめの注射器数本に分けられた透明のジェル状の麻酔を少しづつ喉に流し込みます。診察台に仰向けになり、口を開けた状態で、2分間、できるだけ飲み込まないで喉にとどめておくようにします。

しかし、どうしても飲み込んでしまいたくなります。なのでわたしは、看護師さんが喉に麻酔を流してくれたら、目をつぶり、心の中でカウントダウンするようにしています。30,29,28・・・というように、ゆっくり、余計なことは考えず、鼻でゆっくり呼吸をしながら、肩の力を抜いて。

もし我慢できずに早めに飲んでしまったら、正直に看護師さんに伝えましょう。麻酔が効いていないと、検査がキツイです。また、検査当日、自分で車の運転をするかどうか聞かれます。送迎してくれる人がいる場合、多めに麻酔をかけてもらうことも可能です。できれば送迎を頼むのがベストです。

 

いよいよ胃カメラを飲みます。

とにかくリラックスすること。つらいのは3分程度です。肩の力を抜いて、目をつぶることをおすすめします。やはりカメラの管が入ってくるのを見ているのはキツイです。そして、苦しくて我慢出来ないときは、「オエッ」とすると結構楽になりますよ。

はい。終わりました。

終わったらしばらく横になって休ませてくれます。目をつぶり、眠ってしまっても構いません。

 

画像を見ながら、先生の説明を聞きます。

わたしの場合、朝起きると吐き気とムカつきがあり、食事もあまりとれず、それが3週間も続いたためつらくて受診したのですが、全く異常無し。ストレスと診断されました。

原因がストレスのため、とにかく運動などで発散すること。悩みすぎない亊。先生に話を聞いてもらい、念のため薬を処方されました。

10時40分に病院に着いて、終わったのが13時半過ぎていました。この日の診察料は、再診料と、腹部超音波検査料、胃カメラと投薬料で計5、570円。薬は760円。前日の診察料と合計すると9,470円でした。

 

1年半前に胃カメラ検査を受けた際、素人でもはっきりわかるような炎症が見つかりました。そして、その炎症の部分の細胞を取り、病理診断しました。結局なんでもなかったのですが、そのような検査をおこなうと、さらに検査料がかかります。

また、病院によって麻酔のかけ方などが異なるところもあると思います。参考にしていただけたら、と思います。


スポンサードリンク

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す