節約好き主婦の日記

気になるあんな事やこんな事

大嫌いだった母に対する気持ちに変化が。幸せになって欲しい。

calendar


スポンサードリンク

こんにちは^^ゆみぺそです。今回は、母の話です。

『憎しみ』から『心配』に変わりました。

 

ブログには書いていませんでしたが、4月の未に精神科を退院した母。

母についての記事はこちらです。

精神科に入院している母の話を書きたいと思います。その①

精神科に入院している母の話を書きたいと思います。その②

精神科に入院している母の話を書きたいと思います。その③

精神科に入院している母の話を書きたいと思います。その④

退院したばかりの母は筋力が衰えてしまっていて、「これから普通の暮らしに戻れるのかしら?」と不安げでした。

もちろんわたしも心配でしたが、入院中は週2~3日も母に会いに行っていたため正直疲れてしまい、「やっと解放される!」とホッとしました。

退院してからは毎日電話をかけ、「大丈夫?」と安否確認。

母は、入院生活がよっぽど辛かったんだと思います。

今は、元気に週3日、朝から夕方までメンタルクリニックに併設されているデイサービスに通っています。

母よりわたしのほうが病んでるのではないか?と思うくらい元気です。

わたしは…。もう少し外に出ないといけないのになかなか難しい状態。

最低限の外出だけの毎日です。

 

で、最近は電話の回数も減りました。

「大丈夫?なにかあれば行くよ?」と言っても、「大丈夫よ。毎日忙しくしてて、元気だよ。」と言われてしまう。

もちろんそう言ってもらったほうがわたしも嬉しいのです。

「悪いけど来てくれる~?」なんて言われたら仕方なく行きますが、正直つらい。

何がつらいって、運転も疲れるし、何より母と会うのがつらい。

でも、あまりにも「大丈夫よ!」と言われてしまうと、逆に心配になってしまって。

人間ってワガママですね。


スポンサードリンク

今は、とにかく心配。

「母が嫌い」という気持ちはまだまだ根強くあるんですが、とにかく毎日無事に過ごして欲しいと願う日々。

「幸せになって欲しい。」と素直に思うようになりました。

入院させなければよかったのかな?と悩んだこともありましたが、あれは母にとっても、わたしにとっても必要な時間だったんだ。と思うようにしています。

母が入院して、嫌でも母に会いに行かなくてはならなくて。

弱々しくなってしまった母を見て、わたしが守らなきゃ、と思えたんですよね。

本当はもっと早く気づいてあげればよかったんですが。

 

近いうちに会いに行く約束をしました。

久しぶりにカラオケに連れて行きたいです。

母もわたしもお金がないので、贅沢はさせてあげられませんが。

いつか泊まりで温泉にでも連れて行きたいな。

それにはまずは仕事を見つけないとですね。

では、最後までご覧いただき、ありがとうございました^^


スポンサードリンク