節約好き主婦の日記

気になるあんな事やこんな事

ダレノガレ明美さんがロングヘアーをバッサリ切った理由とは?

calendar

reload

ダレノガレ明美さんがロングヘアーをバッサリ切った理由とは?

スポンサードリンク

 

ダレノガレ明美さんが、ショートヘアーにしました。オシャレのためだけではない、理由があるそうです。

ロングヘアーを寄付する取り組み、「ヘアドネーション」とは?


スポンサードリンク

 

ダレノガレさんが髪を切った理由は、自身の髪の毛を寄付するためでした。

ダレノガレさん自身も病気で髪の毛を失い、ご両親が工面してカツラを買ってくれた記憶が、ドネーション(寄付)のきっかけになったようですね。

 

ヘアドネーションとは?

無毛症や脱毛症などの頭皮の病気で髪の毛が生えなかったり、ガンの治療によって髪の毛を失った18歳以下の子どもたちに、人毛ウィッグを作って無償で提供する取り組みです。

大阪で美容院を経営する、渡辺貴一さんがNPO法人「JHDAC」(ジャーダック)を立ち上げました。ひとつのウィッグを作るのに約30人分の髪の毛が必要だそうです。ホームページはこちら

 

ヘアドネーションするにはどうすればいい?

自分で髪を切って送ってもいいのですが、色々と気をつけなければならない条件があります。

  • 31センチ以上の長さが好ましい。
  • 引っ張ると切れてしまうほどのダメージがなければ、パーマ、カラー、ブリーチをしていても大丈夫。
  • 髪質、年齢、性別、国籍は問わない。
  • 完全に乾いた髪の毛であること。(髪の毛が湿っているとカビや雑菌が繁殖し、他の方の髪の毛にも影響を与える恐れがあるため。)

 


スポンサードリンク


ヘアドネーションできる美容院を探す

ジャーダックのホームページから、近所の美容院を探す亊ができます。

わたしの住む古河市には無いかな・・・。と、ダメもとで検索したら、1件ヒットしました。古河市下大野にある、Hair Design LaLuce(ヘアーデザイン ラルーチェ)さんです。ホームページはこちら 自分では難しいカットもしてもらえるし、切った髪の毛の郵送もしてもらえます。

 

ジャーダックの渡辺さんは、「目標は、病気について正しい知識が広まり、ウィッグがいらない社会にすること。」と語っています。髪の毛が無い亊も個性のひとつととらえ、色々な人がいて当たり前なんだ、と思える社会になれば、必然的にウィッグは必要なくなりますよね。

しかし残念ながら、髪の毛が無い、というだけでイジメに発展してしまったり、心無い目線や言葉を浴びせられたりしてしまう。そんな世の中をまず変えていかなければいけないんですよね。

子を持つ親としてできるのは、親が子どもに正しいことを教えていくこと。自分にできる範囲の寄付やボランティア、困っている人への手助けをすることだと思いました。

どうか、髪の毛を寄付したい!と思った方、ご協力をお願いします。わたしももう少し髪が伸びたら、ぜひ寄付したいと思っています。


スポンサードリンク

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す